キャッシュフローの定義を知ろう!

企業活動を行なうことで、必ずお金の出入りは発生してくるものです。お金の出入りの中でも、企業にお金が入ってくることを「キャッシュイン」、企業からお金が出ていくことを「キャッシュアウト」と呼んでいます。

企業へのお金の入りが出より多い場合には、企業に利益が見い出されたことになります。逆にお金の入りより出が多い場合には、企業全体の資産が減少していくことになるのです。そのため、長期間赤字の状態が続かぬように、普段からしっかりと管理しておくことが大切でしょう。

キャッシュフローとは?

キャッシュフローとは、キャッシュインからキャッシュアウトを引いた額、すなわちお金の出入りによる収支を表しています。売上と売上代金の回収には時差があるため、月末のキャッシュインとキャッシュアウトを単に比較しただけでは正確なキャッシュフローが把握できません。

つまり、会計上の収支だけ見るとマイナスだとしても、キャッシュフローとして比較するとプラスに傾くことも多いということを示しているのです。

「キャッシュフローを見直す」の意味とは?

何カ月にも渡って赤字が続いていたり、金銭的に余裕がない状態が多かったりする場合には、月々の収支の状態を見直し改善していく必要があるでしょう。中小企業の場合には、毎日ちょっとしたことを工夫するだけで、支出を抑えて企業の利益額が上がることも多いというのです。

中小企業でキャッシュフローを見直す方法3つ!

では具体的に中小企業において、どのような点でキャッシュフローを見直すのが望ましいのでしょうか?代表的なポイント3点について詳しく説明します。

接待費や通信費に関してルールを決める

前もって接待や連絡の予定を把握しておくことで、それに関わるおおよその予算を把握することができます。取引先の相手がいる場合にはなるべく支出が少ない昼間に打ち合わせをするようにして、個人の外食・宿泊といった費用の上限にはルールを設けるようにしましょう。

人件費や福利厚生について見直す

不要な人員は配置せずに、社会保険に加入しなくても良いパート・アルバイトを活用した勤務体系を作成することがポイントです。諸手当も企業によっては不要なものもあるかと思うので、必要なものを手当として採用することで、社員に還元していくことが大切でしょう。

役員数の削減・社宅の使用料の見直しなど、細かく1つ1つの要素を追求して見直しを行なっていってください。

事務所における書類管理を工夫する

今や書類の電子化が進んでいますので、紙ベースではなく、データとして書類管理をすることが主流となってきました。オフィス用品や事務用品のメンテナンス契約についても、不必要なものがないかどうかをしっかりと見直しておくことが大切なのです。

キャッシュフローに関して第三者の意見を聞きたい時

キャッシュフローコーチである草間輝之さんのサイトから、自社のキャッチフローについて相談してみてはいかがでしょうか?

第三者の専門家の話を聞くことで、キャッシュフローに対する知識が深まり、企業での利益を見直す糸口となるかもしれません。

まとめ

キャッシュフローは企業活動を行なう上で、お金の出入りを管理するとても大切な指標であることが分かりました。大企業のように大きなお金が動くことは少ないため、中小企業においては、ちょっとした工夫をするだけでキャッシュフローが改善できることも多いというのです。

この記事を参考に、自社のキャッシュフローを見直し、資金を有意義に活用していくきっかけとなれば幸いです。